bg
HOME » 消化器系

口臭は消化器系のSOS!病気が無いか検査するのが吉です

口臭が気になるという方は要注意です。口臭は、消化器系や呼吸器系肝臓や腎臓といった内科的な病気のサインだからです。においの強い食べ物を摂取した後ならそのままにしておいても問題はありませんが、鼻が詰まっていたり、胃腸が悪かったりといった症状に心当たりがある場合は体からのSOSです。医療機関を受診するようにしましょう。

特に「アンモニア臭やどぶの臭い、腐った肉の臭いといった悪いイメージの臭いがする場合は、内臓からのSOS」なので、早期に診察を受けるべきです。そのためには、これから紹介する口臭のにおいの種類を把握して、自分の口臭はどんなにおいなのか意識してみましょう。そして、たかが口臭ではなく自分の体からのSOSに耳を傾けてください。

病気と口臭

口臭はそのほとんどが歯周病や虫歯によるものです。しかし、中には副鼻腔炎や後鼻漏、鼻づまりといった呼吸気系の病気や胃腸炎、胃カタル等といった「消化器系の病気からくる口臭」もあります。中には、腎臓や肝臓の機能低下からくる口臭の場合もあります。病気ではなく心因的に口臭が気になるという場合もあります。

これらのように口臭は様々な要因から発生するので、どこからにおうのか、どんな匂いなのかをしっかりと把握して口臭の原因をさぐっていくことが重要です。

なぜ病気は悪い口臭を作るのか?

病気から発生する口臭には、様々なにおいがありますが、そのほとんどが腐ったにおいや、どぶのようなにおい、アンモニアのにおいといった具合に、あまり良いにおいではありません。病気というようにどこかに炎症を起こしているので、その炎症を起こしている個所にたまった膿や肝機能や腎臓の機能が低下した時のように、体内で有害物質が排除されず、体内をめぐることによって引き起こされる悪臭が、呼吸と重なって口臭として排出されることがあります。これによって病気になると、口臭がひどくなり、臭いにおいを発生させることとなるのです。

口臭に違和感があったら病気の検査を!

口臭があまりにもくさいという場合は専門医に相談してください。症状によっては手術が必要な場合もあります。特に、アンモニア臭やアセトン臭といったリンゴが腐ったような甘酸っぱいにおいがする場合は、「肝機能や腎機能の低下、糖尿病といった病気が隠れている可能性」があります。肉が腐ったようなにおいがある場合には、胃がんや咽頭がんといった重篤な症例が隠れている可能性が高いので、「口臭がひどい」ということだけでは済まない場合がありますので、気になるようでしたら専門の医師か主治医に相談するようにしてください。

内臓系の病気が悪くなる前に治療に専念すれば、おのずと口臭もおさまってきます。口臭がいつもと違うと感じたら一刻も早い受診や検査をおすすめいたします。

病気・疾患による口臭は中から治す

何らかの疾患が原因となっている病的口臭の場合、特に多いのが歯周病や虫歯です。そして内蔵系の病気や呼吸器系の病気が隠れている場合があります。これらの疾患を治療することで、口臭のほとんどはきえていきます。口臭を治療する場合、その原因となっている病気を治療することが一番の近道になっているのです。

口臭が口腔内の炎症が原因なのか、内臓系からきているのか、呼吸器系からなのか、あるいは、肝機能や腎臓機能の低下が原因なのか。体からのSOSに耳を傾けて自分の体をいたわるためにも、「生活習慣を見直し」、いたわってください。口臭だけを消そうとしても、その原因となっている病気を治療しなければ口臭はおさまりません。もし、モノが腐ったような口臭が気になっているようでしたら、早めに主治医もしくは、専門の医師の診察や検査を受けてください。

多いパターンは「肝臓の病気からの口臭」

病気からくる口臭として一番多く見受けられる病気としては、「肝機能の低下に伴う口臭」です。この時の口臭はどぶの臭いや、アンモニア臭、アルコール臭また、ネズミ臭ともいわれています。どれも良いにおいではありません。特に肝機能が低下すると体臭までもがアンモニア臭になったりアルコール臭になったりと、口臭だけにとどまりません。そのままにしておくと肝炎や肝硬変といった重篤な病気になりかねないので、早めの受診が必要です。口臭がひどいと指摘された場合、どんなにおいがするのか周囲の人から聞いてみるのも良いでしょう。

肝機能の低下によって引き起こされた口臭は、肝臓からのSOSですから、早期の治療が必要です。沈黙の臓器ともいわれる肝臓がSOSを出しているのですから、早めに気づいてあげてください。生活習慣の改善も肝臓の病気からくる口臭を防ぐためにも有効です。特にアルコール性の肝炎が原因であるならば、アルコールの摂取を控えたり、脂肪感が原因の口臭ならばダイエットをしたりといったケアも重要です。

肝機能は進行するまで気づきにくい病気といわれているので、口臭で気が付くことができるように知識として知っておくことで最悪の事態を免れることができるかもしれません。