bg
HOME » 糖尿病

口臭は糖尿病の初期症状?ニオイから病気を察知し予防しよう!

口臭予防のために、こまめに歯磨きをしたり、マウスウォッシュなどのアイテムを使用したりする人もいるかもしれません。けれども、口臭の原因はさまざまで、病気から引き起こされる場合もあります。ここでは、口臭と病気の関係などについて、触れてみたいと思います。

口臭から分かる病気・合併症

一口に口臭と言っても、多様な原因によって異なるニオイがあるため、ニオイの傾向によって、病気などを逆に察知することができるとも言えます。

たとえば、胃の不調による口臭は、玉子が腐敗したような悪臭がします。「消化不良」などが原因で、胃の中に残った残留物が発酵し、悪臭ニオイ物質が血液に取り込まれることで、肺から口臭が発生するためです。

同じ胃でも、逆流性食道炎は、胃酸の逆流によって、喉・口にまで胃酸が上がってくるため、すえたような酸っぱい刺激臭がするでしょう。

腸の不調の場合は、便臭やおならのニオイの口臭がすると言われます。腸内環境の悪化で、有毒ガスが発生し、やはり血中に入り、肺を通じて排出されるためです。

あるいは、「糖尿病」の場合は、甘酸っぱい口臭となります。腎臓病はアンモニア臭、肝機能の低下は、ドブや雑巾といった強烈な悪臭となって呼気に混ざります。

内蔵の病気の初期症状は口臭だけじゃない

内臓の病気は、それぞれに特有の症状が現れますが、初期の段階ではなかなか気がつけないかもしれません。しかし、注意深くすることで、自分や家族の病気のサインを見逃すことが防げることもあります。

前述の口臭の例のように、病気の独特なニオイの傾向によって、察知できる可能性があるのです。それは、口臭だけでなく、「体臭や排せつ物なども同様で、それぞれの疾患特有のニオイ」というものがあります。

たとえば、肝炎は、カビ臭い体臭になります。肝硬変の場合は、アンモニアのニオイが体臭だけでなく、便や尿にも強烈に発生するため、病気を見極めるための合図にもなるようです。

糖尿病の場合は、体臭も甘酸っぱいニオイがしますし、胃の病気も口臭と同じような腐敗臭が身体から発せられます。

薬で病気・口臭を抑える

病気による口臭の場合、病院に行って根本治療をすることが望まれますが、一過性の体調不良や、元々胃が弱いといった場合の口臭もあります。あるいは、風邪を引いたときにも、口臭が発生します。そういった口臭に効く薬も存在しますが、どういったものなのでしょうか。

たとえば、「メトロニダゾール」という抗生物質は、口臭を抑える働きがあります。

人の口の中には何百種類もの細菌が生息していますが、食べカスや粘膜の残骸に繁殖し、悪臭を放ったり、あるいは、人の免疫が落ちているときに暴れ出したりします。メトロニダゾールは、そんな菌たちの酸素を奪って活動を抑制してくれます。ただし、反面、この薬には、吐き気や胸やけ、頭痛などの副作用があります。また、服用中は飲酒禁止で、他の薬(薬の種類による)との併用ができなかったりします。医師の処方が必要な薬でもあります。

病気・口臭を予防するには

病気が原因の口臭であれば、治療をしたり、体調を整えたりすることが必要です。それ以外の、たとえば生理的な口臭であれば、生活習慣を見直すことなどによって予防することが可能です。

たとえば、「丁寧で効果的な歯磨きは、口臭を予防」してくれます。特に、朝・昼・夜の一日3回の歯磨きを励行すると、効果的でしょう。歯磨き粉も口臭予防成分の強いものを使用することで、さらに口元に自信が持てるでしょう。

ただし、キレイに歯磨きをしても、舌に舌苔(ぜったい)という垢がついていては、口臭が起きてしまいます。歯磨きの続きで舌も磨くという人がいますが、舌の表面を傷つけるため、かえって雑菌が繁殖しやすくなり、口臭が増す恐れがあります。舌ブラシなど専用のブラシがおすすめです。

また、口の中が乾燥すると、口臭が強くなるため、「こまめな水分補給を意識しておく」ことも口臭予防につながります。

食事を整えることが病気・口臭の対策になる!

口臭と栄養バランスには、切っても切れない縁があります。というのも、バランスの悪い偏った食事ばかりしていると、疲れやすくなったり、身体がダルかったりと、身体のコンディションも下がってくるからです。そうすると、口腔にも菌が繁殖しやすくなり、口臭が発生してしまうのです。口臭対策には、「栄養バランスの良い食事をし、健康な身体をキープする」ことが重要と言えます。

具体策としては、ジャンクフードやインスタント食品はなるたけ避けることです。これらには塩分が多く含まれるため、口の中を乾燥させてしまいますし、何より栄養的にも良いとは言えません。

和食を中心とした食事は、栄養バランスも良く、カロリーも低いため、おすすめです。和食は水分量も多いため、口内の乾燥も防ぎやすく、まさに理想的なメニューです。

食材としては、緑黄色野菜や果物、海藻類、大豆、コンニャクなどのアルカリ食品は、体調を整えてくれる上、口臭も弱めてくれるので、積極的に摂ると良いでしょう。納豆やヨーグルトといった発酵食品も抗酸化作用に優れ、口臭の原因になりがちな腸内環境を整えてくれる優れものです。